尿管結石(SUBシステム設置術) 

    猫 14歳
    発熱、元気消失、食欲不振/p>

尿管結石による尿管閉塞

猫ちゃんは発熱により、元気がなく、食欲もなくなったため、飼い主様はホームドクターを受診されました。

きちんとホームドクターにて検査を受けて、尿管結石の疑いと診断されました。

点滴治療などで経過をみておられましたが、休診日にぐったりしたため当院へ来院されました。

尿管結石の確定診断のためにCT検査を実施しました。

レントゲン検査や超音波検査では分からなかった結石が見つかり、尿管閉塞部位もCT検査で特定ができました。

尿管結石により閉塞を認め、さらに腎臓に2個の結石があり、SUBシステム設置術が適切と判断しました。

日本国内ではまだ実施されている施設は少ないですが、当院ではSUBシステムの設置術を採用しています。

今回より新しいVer2.0に変わりました。膀胱のカテーテルが侵襲の少ないタイプになりました。 

 

猫ちゃんは以前より慢性腎不全も患っておられ14歳と高齢でありましたが、以前にも同年齢で手術させていただいた患者さまも元気にしていることもあり、手術させていただきました。

手術翌日には飼い主さまの手からご飯を食べてくれるようになりました。 

 

 

外科ページに→ 戻る 

症例集ページに→ 戻る 

 

Copyright(c) 2006-2018 FUKUNAGA ANIMAL HOSPITAL All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com