滋賀県近江八幡市【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギ〜滋賀県近江八幡市【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギ
椎間板ヘルニア〜滋賀県近江八幡市【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギ

フクナガ動物病院とは〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
診療時間〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
アクセス〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
お問い合わせ〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
院内風景〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
院内設備〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
獣医師募集中〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
リンク〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
個人情報保護方針〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
子犬のしつけ教室〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。


青山クレア動物病院〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。




椎間板ヘルニア1
 3D - CT
椎間板ヘルニア2
   レーザー治療
椎間板ヘルニア3

 ミニチュア・ダックスフンドの椎間板ヘルニア


近年、動物において脊髄の病気は増えています。
通常のX線検査では分からなかった病気もミエロCT撮影することにより、脊髄への圧迫物質の状態がよくわかり、診断できるようになりました。



椎間板ヘルニアは硬い背骨のトンネルの中にある神経の束である脊髄を椎間板物質が圧迫してしまう病気です。
軽症例では神経の激痛が起こります、中等度になると不完全麻痺がおこり足がもつれます。さらに重症例では完全麻痺となり後駆麻痺となり立てなくなります。

「3D - CT」
骨の中にある脊髄(ピンク色)を椎間板逸脱物質(緑色)が圧迫しています。これにより脳からの信号が伝達されなくなります。


手術では骨に穴を開けて、緑色の椎間板逸脱物質を摘出します。
術後はリハビリテーションを実施し、脊髄神経に学習させ機能回復を試みます。




 


  

 
 
 
 


もどる

トップページ | 当院について | 診療時間・アクセス・お問い合わせ | 院内風景 | 院内設備 | スタッフ募集 | リンク | 個人情報保護方針 | 子犬のしつけ教室
フクナガ動物病院 〒523-0031 滋賀県近江八幡市堀上町168-1 TEL:0748−33−5333

滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。