滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
フクナガ動物病院とは〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。

フクナガ動物病院とは〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
診療時間〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
アクセス〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
お問い合わせ〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
院内風景〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
院内設備〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
獣医師募集中〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
リンク〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
個人情報保護方針〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。
子犬のしつけ教室〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。


青山クレア動物病院〜滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。




ポリペクトミー

CT検査3D画像

胃内の電池確認

電池を把持(摘出)


内視鏡下『ボタン電池摘出術』


体重2kgの小型のワンちゃんが、ボタン電池を飲み込んでしまったとご来院されました。
レントゲン検査をするとお腹に電池がはっきり写っています。
ドックフードもたくさん胃内にみられます。



胃の中がご飯でいっぱいですので、催吐処置で吐かせてみますが電池だけが出ません。(´_`。)グスン

こうなると内視鏡で摘出です。

理由は電池は放電すること・中毒の危険性のため早期に摘出が必要となるからです。




内視鏡で胃内にボタン電池を発見しました。

電池は丸くツルツルですので、摘出には経験・とコツが必要です。










ボタン電池を把持鉗子で摘出します。
摘出は5分で無事終了しました。 (=⌒▽⌒=)


あとは点滴して、中毒などの症状が出ないか経過観察して無事に退院しました。



※ 異物を飲み込んでしまった場合はご相談下さい。

内視鏡で御紹介の獣医師の先生は「こちら」へどうぞ。






 


トップページ | 当院について | 診療時間・アクセス・お問い合わせ | 院内風景 | 院内設備 | スタッフ募集 | リンク | 個人情報保護方針 | 子犬のしつけ教室
フクナガ動物病院 〒523-0031 滋賀県近江八幡市堀上町168-1 TEL:0748−33−5333

滋賀県近江八幡市の動物病院【フクナガ動物病院】犬・猫・ウサギなど。獣医師募集。