尿管閉塞 SUB System 

    尿管結石 
    

SUB System

犬と猫において、尿管閉塞に対して新しい手術方法も有用性が報告されています。以前より尿管切開術により、尿管内の結石を摘出する方法がありました。 再閉塞のリスクが高いことが問題でした。

新しい方法は、腎臓と膀胱を尿管とは別にルートを設置し、新しい道を確保する方法です。「SUB system」と呼ばれています。

SUB systemの利点は尿管自体を操作せずに、別のルートを確保するので、尿管断裂や手術した部分の尿管からの尿の漏れのリスクを回避出来ます。また、それぞれのカテーテルが尿管ステントよりも太く再閉塞のリスクがより低いと考えられます。その他、途中のポートから砂状の結石などを洗い出すこともできます。

今後適応例は増加してくると考えられます。

外科ページに→ 戻る 

 

SUB systemの症例 

Copyright(c) 2006-2018 FUKUNAGA ANIMAL HOSPITAL All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com