JAHA認定病院  総合臨床医・外科認定医・循環器認定医 在籍 診療時間: AM 9:00〜12:00 PM 4:00〜7:00 日曜・祝日:予約制(AM 9:00〜11:00) 電話 0748-33-5333

動物たちの「心」に耳をすませる
フクナガ動物病院

サイトメニュー

診療内容内科ホルモン

副腎皮質機能亢進症

副腎皮質機能亢進症は副腎が腫れて過剰な副腎ホルモンが体の中に放出されるために様々な症状が起きる病気です。

主な症状

  • 多飲多尿(お水をたくさん飲んでたくさんのおしっこをする)
  • おなかが張ってきたり、たるんできたりする。
  • 毛が薄くなる
  • 異常な食欲
  • 足腰が弱くなる
  • 血栓(血のかたまり)が出来ることによる呼吸困難
  • 突然死
などがあげられます。
副腎皮質機能亢進症には「下垂体性」と「副腎腫瘍性」の2つタイプがあります。

治療

1.内科療法

飲み薬で 副腎から出されるホルモンを抑制します。

2.外科療法

副腎腫瘍の治療の第一選択は外科手術による腫瘍化した副腎の摘出になります。

3. 放射線治療

下垂体腫瘍の中で巨大腺腫と呼ばれる大きな腫瘍の場合に適用になります。